のののののーと

30代後半から将棋で初段を目指すブログ

初段を目指すにあたってやっている事

こんにちは のののです。 このブログはサブタイトルの通り「30代後半から将棋で初段を目指すブログ」です。

今日は のののが初段を目指すにあたって今現在やっている勉強法を紹介したいと思います。 たいしたことはやれてないのですが・・・。

詰将棋
将棋の勉強の基本といっていいと思います。 とりあえず詰将棋をしとけばいいみたいなところもありますが、大事だと思います。 ののの がやっているのは3手詰です。

この二冊は級位者のバイブルといってもいいと思います。 これをひたすら何周も解いています。 3手の読みというのは大事で、斎藤慎太郎王座も詰将棋は終盤だけでなく序盤中盤にも役に立つみたいな発言をしていたのをどこかで読みました(うろおぼえ
そして、ハンドブックですけどただ解くのではなくて時間を計って解いたり、逆に○分間で何問解けるかなど何かしらテンポよくある程度の速度で解けるようにと挑戦しています。

②手筋本
これは先日、とある方に初段を目指すにあたっての勉強法を相談させてもらった時に、「初段くらいまでは手筋や詰み形を知ってるか知ってないかの違いがものをいうところがあるので、のののさんはひとまず、手筋形から手をつけたほうが良さそう」というアドバイスを受けたのではじめました。

この本がいいよと教えていただいて、たまたま購入済みだったので解いて行くことにしました。 Kindle版を購入していたので暇なときに少しづつ解いていますが、まだ1周目が終わって2周目に入ったところです。 令和版はまだ一周目の途中です。

今はこの2つしか出来ていませんが、余裕が出来てきたら少しづつ他の事もやっていこうと思っています。 何かオススメの勉強法があれば教えていただけると嬉しいです。