のののののーと

30代後半から将棋で初段を目指すブログ

自戦記 二手損陽動居飛車?

今日はツイッターで募集して受けてくれたロウポンさんとの対局の振り返りです。

先手はののの。

▲7六歩 △8四歩 ▲6六歩 △8五歩 ▲7七角 △6二銀
▲7八銀 △4二玉 ▲6八飛 △3二玉 ▲1六歩 △1四歩
▲3八銀 △3四歩 ▲4六歩 △5四歩 ▲3六歩 △4二銀
▲3七桂

f:id:amanozo:20190729153531p:plain

珍しく初手▲7六歩を採用し△8四歩と突かれたので、戦法にあまりこだわりがない&序盤に明るくないのののは藤井システム(ただし感覚だけで指しているので藤井システムもどき)を採用。

△3一金 ▲2六歩 △5一金 ▲4七銀 △7四歩
▲5八金右 △5三銀右 ▲6七金 △6四銀 ▲2五歩

f:id:amanozo:20190729153828p:plain

しかし、のののは居飛車党なので最初から振りなおしを念頭に駒組みを進めます。
この時点で相手には振りなおしをすることがばればれなので、▲5八金右を入れる前に先に飛車を振りなおした方がよかったのではないかと思いました。本譜はだいぶよくばりすぎました。

△7五歩▲6五歩 △7七角成 ▲同 桂 △5五銀 ▲5六歩 △4四銀
▲2八飛 △8六歩 ▲同 歩 △7六歩 ▲同 金 △7五歩

f:id:amanozo:20190729154102p:plain

機敏に仕掛けてこられて、受け止めて銀を追い返したた後に桂の頭を攻められ金を吊り出されます。△7六歩▲同金の時点ではまだ気づいていませんでしたが、この△7五歩で大変なことにきづきました。しかし時すでに遅し、▲同金ととるより他にありません。

▲同 金 △3九角 ▲4八飛 △同角成 ▲同 玉 △8六飛
▲8七歩 △6六飛 ▲5七玉

f:id:amanozo:20190729154420p:plain

飛角交換になり、飛車先を突破されそうになり6筋に飛車をまわりこまれました。
ここでロウポンさんは▲5七角だったのですが、▲5七玉と、入玉も視野にいれつつ強く受けました。

△6九飛成 ▲同 銀 △5九飛▲5八銀上 △1九飛成 ▲8二飛

f:id:amanozo:20190729154756p:plain

飛車を切ってこられ同銀に飛車をおろされましたが、斜め駒がないので一気に攻略は難しいかったので△1九飛成と駒を補充したところで、やっと先手の攻めのターン!
しかし囲いが手つかずなのと序盤に追い返した銀が守りに効いているので手を出すところがわかりません。しかも1九の方の香車をとられたので端攻めも狙いにくくなりました。

△6九飛成 ▲同 銀 △5九飛▲5八銀上 △1九飛成 ▲8二飛 △7一金 ▲8六飛成 △9九龍▲6四歩 △同 歩 ▲7二歩 △8二香 ▲7六龍 △7二金▲6四金 △7五歩 ▲同 龍 △7四歩 ▲6五龍 △5五歩▲4五歩 △5三銀引 ▲同 金 △同 銀 ▲7四龍 △7三歩

f:id:amanozo:20190729155105p:plain

なんやかんや(たぶんなんやかんやをきちんと言葉にしないといけないのだと思う)すぎて図の場面。ひとめ▲3四龍なのですが、△3三香があります。そこで▲2三龍、▲4三龍はたまた▲65桂でなんとか攻めれないのかと思いましたがよくわからず結局は▲6五龍とひきます。

▲6五龍 △5六歩 ▲同 銀 △6四歩 ▲7六龍 △9七龍
▲5二歩 △6一金 ▲2四歩 △同 歩 ▲2五歩 △5四香
▲2四歩 △2二歩 ▲6二歩 △同金寄 ▲3五歩 △同 歩
▲5一歩成

f:id:amanozo:20190729155441p:plain

攻め駒が圧倒的に少ないのでなんとか拠点を作ろうともがきました。▲5一歩成と△5六香を催促したのですが、34の地点に角か銀を打っとくほうが勝ったのではないかと感想戦でアドバイスされました。

△5六香 ▲同 龍 △5一金 ▲5四歩 △5五歩▲2六龍

f:id:amanozo:20190729155825p:plain

△5六香を催促したのは龍を回るのを見た手だったのですが、直前の△55歩に▲同龍ととり中央から突破する手も合ったのではと思います。
結果的に左辺に逃げられて捕まらなくなったのでそちらのほうが良かったかもしれません。

△5四銀 ▲3四香 △3三銀 ▲同香成 △同 桂▲3四歩 △4五桂 ▲同 桂 △同 銀 ▲2三歩成 △同 歩
▲3三銀 △4一玉 ▲2三龍 △8七龍

f:id:amanozo:20190729160022p:plain

本局最後の勝負所です。ここでは▲3二角という手がありました。
△同金は▲同龍で詰んでしまうので△52玉ですが、そこで▲4三角成と龍に当てながら王手が出来ます。逃げると龍を取られるので△同玉ですが、▲4四銀成△5二玉(△同玉は▲3三龍△5四玉▲6六桂までの詰み)▲4三角△6三玉▲8七角成と龍を抜いてまだまだやれたように思います。※参考図

f:id:amanozo:20190729161118p:plain

▲4二歩 △5二玉▲6七歩 △7七龍 ▲6六銀 △5六香 ▲4七玉 △6八龍▲4四桂 △6一玉
まで128手で後手の勝ち

f:id:amanozo:20190729161134p:plain

本譜は時間内に▲3二角が発見できず時間に追われながら▲4二歩としてしまい、そこから有効な手がみつからず寄せられてしまいました。

序盤苦しくしたものの、中盤少しでも立ち直ることが出来た点は良かったのではないかと思いますが、序盤でわかりやすく苦しくなってしまったこと、局面を複雑に持っていったのにそれをこちらが扱いきれなかったことなどが反省点だと思います。

対局してくださったロウポンさんありがとうございました。