のののののーと

30代後半から将棋で初段を目指すブログ

自戦記 相掛かり

こんにちは のののです。

将棋倶楽部24の対局を振り返りたいと思います。

 

本局はののの先手で行われました。

▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △3二金 ▲9六歩 △8五歩
▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △3四歩 ▲7八金 △2三歩
▲3四飛 △4二玉 ▲3六飛 △4四角 ▲4八玉 △2二銀
▲3八銀 △6二銀 ▲5八玉

大橋先生の耀龍ひねり飛車を狙った出だしから相掛かりになり図の局面へ

f:id:amanozo:20190726133326p:plain

▲3九玉か▲1六歩か▲7六歩で迷っていると操作ミスで指してしまいました・・・
しかし序盤の一手損なのでリカバリーできるのではないかと気持ちを切り替えます。

△6四歩 ▲1六歩 △6三銀
▲7六歩 △7四歩 ▲4四角 △同 歩 ▲2六飛 △3三桂
▲8八銀 △7三桂 ▲1五歩 △6五桂 ▲3六歩

f:id:amanozo:20190726133658p:plain

直前の▲1五歩ものんびりしすぎてる手で▲7七銀と受けるところだったと思います。この▲3六歩は後の△3五角を受けた手ですが、先に▲4六歩と△45桂を受けるべきだったと思います。

△4五桂▲6八金 △8六歩 ▲同 歩 △5五角 ▲6六歩

f:id:amanozo:20190726134033p:plain

大駒は近づけて受けろと思って突きましたが大悪手でした。
△同角で5七の地点に利く駒が1つ増えてしまい8八の銀取りと5七からの突破が受からなくなってしまいました。

△同 角▲7七桂 △5七桂右成▲5九玉 △6八成桂 ▲同 玉 △5七桂成
▲7八玉 △8六飛 ▲3四桂 △5二玉 ▲8七歩 △7六飛▲2二桂成 △7七角成 ▲同 銀 △6六桂 ▲8八玉 △7八金▲9八玉 △7七飛成 ▲4一角 △6二玉 ▲9五角 △8四歩▲7七角 △同 金

f:id:amanozo:20190726134303p:plain

この時点ではもう敗勢ですが、先手玉は詰めろではないので何か後手玉に迫る手はないものかと思いましたが、なかなか良い手は浮かばず▲3二成桂ととりましたが▲8三飛などわかりやすい詰めろをかけていったほうが良かったのではないかと思いますがどうなんでしょう?

▲3二成桂 △7九角 ▲8二飛 △7二金▲7三銀 △同 玉 ▲8三金 △同 金 ▲6三角成 △8二玉まで78手で後手の勝ち

f:id:amanozo:20190726134809p:plain

ここで投了しました。

以下反省点
序盤に▲8八銀とあがったあとの手で▲1五歩などとこちらの差し手に一貫性がない。
攻めの構想がきちんと出来てないので何を指せばいいか迷う。
受けの精度が低い、受けたつもりが受けれてなかったりお手伝いだったりする。

つまり・・・どうすればいいんだろう・・・?

勉強方法についても要検討が必要です。また頑張ります。